自分を大切にできないときに【ともだちだったら編】



前回のブログ「自分を大切にできないときに【わたしチーム編】」で、「サイボー君たち」を書きましたが、これが友人にとっても好評でした。

きゃーうれしい♪ 笑

もっと書きたいと思ったので、本日は「ともだちにだったら、なんて言う?」を贈ります。



「どうせ私なんて。」

「もうこんな歳だし。」

「・・自分なんてどうでもいい。」


↑↑こんなことを思ったり、言ったりすることはありませんか?

たまには、こんな気持ちになってしまうこともあると思いますが。



でも。気をつけてほしいのです。

それ。あなたの脳が聞いています。

ずっと続けていると、

「そ、そ、そうなんだ・・・」と。

あなた(の脳)に、そう思わせてしまいます。



ここで、質問があります。

最初の赤い文字の部分。


実はあなたの「ともだち」が言いました。


あなたはどう感じましたか?
ともだちに、なんて言いますか?



「絶対、そんなことないっ!!」と言いませんか?

あなたが大好きなともだちは、あなたにとって、どうでもいい人ではないはずです。



これから、自分なんてどうでもいいと思ったときは。

ともだちに言うように、あなたに言ってみてください↓↓


・どうせ私なんて

えええええっ、いやいやいやいや、何言うてるん。私、大好きやのに。
真面目で、優しくて、思いやりがあって。かっこいいとこあんのに、かわいいとこまであるし♡


何より私、あなたがおるだけで楽しいのに^^


・もうこんな歳やし


気力も体力も衰えていく気ぃするよな〜。でも、私にとってあなたの歳は、私と一緒に生きてきた時間の証明みたいなもんやしぃーーー♪

そういえば。70歳からピアノ習い始める人もおんねんて。どうこれ?ワクワクしちゃうやろ?

ちなみに。私は、あなたやったらホンマカイナソレ国出身、80歳」とかでも「ともだち」に立候補すんで。
ふっ。知ってるやろけど、私、見る目あんねん。しかも、見つけられる気ぃすんねんっ 笑


・自分なんてどうでも・・


いやぁーーーやめてぇぇぇぇ、私の自慢やのに。私が唯一?誇りに思ってる「自分にとって最高の親友が、もう40年もそばにいてくれてるんですぅ」やねんからっ。
いや無理やで、これだけはひけへんで、絶対どうでもよくないっ!!!!

うっ、ほんまひどいわ、今のはショックやわ。もう、泣いてまいそうやねんけど。

・・たこ焼きおごりやな。1つちゃうで。1舟やで。言うとくけど、外はカリッで中はトロッやで。



こんな風に。あ、私のようにではなくても、あなたがともだちに言っているように。
それを、そのまま、あなたに向けて言ってみてください。



「おっと、ともだちがいなかった」という方へ。

実は、一生離れることのない親友がいます。

「自分自身」です。


私は、自分自身より友人の方がいつも優しいので、友人の方が好きですが^^;

でも、自分が自分を親友として見ると、自分の素敵な部分にも気がつきます。

とても人間味があって、ちょっと情けないところなんかも見えますが。 ←私です。


ともだちがいなくても、自分をよく見て自分とよく話をしてみてください^^



あなたが、どんなときでも自分を大切にしていると。
私はほんとに嬉しいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です